長良川温泉 若女将会

新着情報

2016年10月26日IMG_1456

長良川鉄道観光列車「ながら」に乗ってきました!

御報告が遅くなりましたが、9月24日(土)に長良川温泉旅館のオーナーの皆様と 長良川鉄道「ながら」に乗車してきました。 「ながら」といえば、インダストリアルデザイナーの水戸岡鋭治氏によってデザインされた 長良川鉄道の観光列車。2016年4月29日に運行スタートしました。 「ながら」には列車内でランチを楽しむランチプラン、スイーツを楽しむスイーツプラン、 そして乗車のみを楽しむビュープランがあります。 今回はシティホテル美濃加茂さん特製のランチを楽しむ美濃太田→郡上八幡間のランチプランを 体験してきました。 ~一組ずつ違うデザインのシート。高級感がありますね~ ~シティホテル美濃加茂さんの料理長に見送られて、いざ出発!!~ ~地元産の食材を使った色とりどりのおかず♪おいしそう(^^)~ ~おいしそうな御食事を目の前に思わず笑顔がこぼれます♪~ ~長良川の絶景を見ながら・・・。まるで絵画のような景色ですね!~   次々に移り変わる自然の景色と美味しいお料理を楽しみ、あっという間の乗車体験。 アテンダントの方にもとても親切に接していただきました。 季節ごとに変わるおいしいお料理と温かい接客が 多くのお客様を魅了しているのではないかなぁ~と感じました。 また季節を変えて乗車してみたいと思いました。 お近くへお越しの際はぜひ一度体験されてみるのはいかがでしょうか。 詳しくはこちらをご覧くださいませ。 ☆長良川鉄道HP:http://www.nagatetsu.co.jp/

2016年10月26日IMG_1582

長良川鵜飼が最終日を迎えました。

本年の長良川鵜飼も10月15日(土)に最終日を迎えました。 新聞発表によると、最終日の15日(土)は1,545名が乗船、期間中には昨季より約5%多い10万8,653名の乗車があったそうです。 写真は、最終日の鵜飼終了後の打ち上げ花火の様子です。 日の入りも早くなり、鵜飼が行われていない長良川を見るとなんだか少し寂しい気持ちになり、 来年の5月11日の鵜飼の開幕が待ち遠しく感じました。 最終日の翌日には、今年の鵜飼で亡くなった鵜たちの鵜供養が行われました。 また来年、長良川鵜飼が多くのお客様にご覧いただけたらいいな・・・と思います。

2016年6月12日IMG_0508

ぼくはぼく色~ことば絵~のプレゼント

長良川鵜飼が始まって約1ヶ月。 鵜飼が始まったかと思いきや、あっという間に梅雨入りし、時の流れの速さを感じます。 さて、こちらの作品をご覧ください。 こちらは先日、岐阜市在住の新井理玖(あらい りく)さんが、 若女将会に向けて書いてくださった「ことば絵」です。 「ささやかに香る 優しい愛 つかめそうでつかめないもの だからこそ 寄り添う ぬくもり集めた私たち」 右下の花は沙羅双樹。事前に私たちの写真をお送りし、私たちをイメージした言葉と絵を描いてくださったそうです。 とても温かく、うれしい言葉でした。 現在高校生の新井さんは、人から感じる力を「ことば絵」に表現して、様々なメッセージを発信していらっしゃいます。 小学校5年生の頃、お母様からの「絵手紙でもかけるんじゃない?」というひとことがきっかけで創作をはじめたそうで、 これまでに描いた「ことば絵」は1,300を超えるそうです。 今回いただいた作品は、ホテルパークさんで展示させていただいています。 御機会があればぜひ、ご覧になってくださいね。 そして新井さんの次回の作品展は平成28年7月2日(土)13:00~18:00、 3日(日)10:00~17:00に岐阜市の「みんなの森 メディアコスモス」で行われます。(入場無料) 新井さんの温かく優しい作品に触れられる絶好の機会。 みなさま一度ご覧になられてはいかがでしょうか。  

2016年5月14日mainimg_ukai

長良川鵜飼開幕!!

本年も5月11日に長良川温泉の夏の風物詩、長良川鵜飼が始まりました! 御報告が遅くなりましたが、先日長良川鵜飼の開幕前に十八楼の知子会長と ホテルパークの典子副会長が名古屋の新聞社様に長良川鵜飼のPRに行ってまいりました。 本年の鵜飼期間中の岐阜市の乗船客数目標は11万5千人。 新聞発表によると、初日の11日は1,160名と昨年より17名多かったそうで幸先の良いスタートを切れたのではないでしょうか。 長良川温泉の各旅館・ホテルでも鵜飼観覧とお食事、そして宿泊がセットになった鵜飼パックもご用意しています。 ↓↓詳しくはこちらをご覧くださいませ。 http://nagaragawa.org/ukai01 みなさま、ぜひ長良川鵜飼を御覧にいらしてくださいね!      

2016年4月22日IMG_1363

第8回スキルアップセミナーを開催しました!

2016年4月19日(火)に第8回長良川温泉若女将会主催のスキルアップセミナーを開催させていただきました。 本年は講師に岐阜市教育委員会社会教育課 歴史遺産活用推進係長の髙橋方紀様をお招きし、長良川河畔の従業員を対象に「岐阜の魅力を再発見!日本遺産「信長公のおもてなし」が息づく戦国城下町・岐阜」というテーマで御講演いただきました。 講演の中で私が一番印象に残ったことは、「信長公は岐阜の地に最高のおもておなし空間を創出した」ということです。 残された文献によると、信長公は金華山の麓の現在の岐阜公園一帯あたりに豪華絢爛な居館を築き、居館と山上の岐阜城、そして長良川鵜飼を見せて要人をもてなしたと言われているそうです。 特に麓の信長公の居館は、当時の美濃の人々からは「信長公の【極楽】(楽園)」と呼ばれていたそうで、平成19年から金華山の麓で信長公の居館跡の発掘調査を行っていますが、軍事的なものが見つからないことから迎賓館として使われていたのではないか、と考えられているそうです。 山麓の屋敷で要人をもてなし、山上の城を見学し、展望や音楽を楽しみ、そして長良川で鵜飼を見せる・・・これは、私たちが携わっている、現在の長良川温泉の観光とほとんど変わらないものだと考えることが出来ますね。 織田信長公も長良川鵜飼を見せ、今と変わらない景色を金華山の山頂から見ていたと思うと、なんだか胸にジーンとくるものがありました。 今回の講演を受けて、織田信長公のおもてなしの神髄や昨年認定された日本遺産のストーリーについてもっと学び、今後の業務にも生かしていきたいと思いました。 (写真は講演後。髙橋様と若女将会メンバーと記念にパチリ!) 髙橋様、貴重な御講演をいただきましてありがとうございました。 今回セミナー開催に御協力いただきました公益財団法人岐阜観光コンベンション協会様、ご出席いただきました皆様、ありがとうございました。 最後になりましたが、今回のセミナーの様子を2016年4月20日の中日新聞朝刊、岐阜新聞朝刊にご紹介いただきましたので、 その記事を御紹介させていただきます。 中日新聞朝刊(2016年4月20日掲載) 岐阜新聞朝刊(2016年4月20日掲載)  

» バックナンバーを見る

プロフィール

長良川温泉 若女将会

岐阜市にある長良川温泉の旅館・ホテルの若女将と女性スタッフで構成。女性ならではの感性を生かして、長良川温泉を盛り上げていきたいと活動中です。

ブログ

facebook & twitter

facebookとtwitterで、最新情報を配信しています。ニュースやfacebookだけの情報など、お見逃しなく!

長良川温泉 若女将会 - facebook @n_okami - twitter